選択肢はいろいろある

教育にとっての素質と環境

教育には様々な方法がありますが、現在の日本では義務教育というものがありますので、必ず国民の人は、同じ教育課程を学んでいることになります。
つまり、小学校、中学校において、同じ環境で同じ教育を受けている現状にありますが、教育の成果には個々の差が現れてきます。
それは素質と環境が原因とされます。
義務教育において、学校で行うことができる勉強というものは、最低必要限とされる教育になりますので、後は環境に左右されるとされます。
その環境とは、家庭によって大きく異なるもので、例えば、宿題をしっかりとさせる家庭もあれば、放任主義による解答だけを写す子供もいますので、宿題という些細な事でも教育において大きな差が生まれてきます。
それはマナーでも同じとされていて、毎日、家庭内でマナーを守るようにしつけを行っている家庭の子供と、マナーを厳しく指導しない子供との差は大きく異なることです。
教育において最適な環境とされるものは様々な説がありますが、学問だけに捉えるならば、学校教育だけでなく、進学塾に通うことや、家庭教師を雇うことで、他人との差をつけるための勉強をさせるという環境で成績を向上させることができる環境を作ることができます。
教育に関する個人の差には、素質も大きく関わります。
人間には、物覚えの良し悪しの個人差があります。
それが素質に関わる問題であり、素質が期待される子供は、一度教えるだけで何でも理解して覚えていくことができます。
その逆として、何度教えても理解できない、覚えることができないという子供もいます。
これが素質の差になりますが、この素質の差を埋めることもできる教育も存在します。
素質の差を埋めるためには、時間を掛けて学ぶことが必要になります。
理解できない事を、理解できるまで何度でも根気よく教えていく、覚えることが難しいことを覚えるまで繰り返すことで、時間が掛かることになりますが、個人の差を埋めていくことができます。